人気のリマーユプラセラ原液の使い方

口コミで人気のリマーユプラセラ原液の使い方。

サラブレッドの馬プラセンタ配合ということで
とても人気のリマーユプラセラ原液ですが、
その使い方が重要です。



ずばり、洗顔後すぐに、
使うということです。


その原液の濃さから、
浸透するのかな?と一瞬おもってしまうと
おもいますが、大丈夫です。


意外に、さらっとした
テクスチャーで、伸びもよく
お肌に浸透していきます。


↓↓ とにかく、リマーユプラセラ原液を試してみる? ↓↓



40代、わたしのリマーユプラセラ原液の使い方。

わたしは、40代です。
季節の変わり目や、生理前などに
肌荒れがひどい状態でした。


ところが、このリマーユプラセラ原液を
つかってみたところ肌が安定して、
おどろきました。


やはり、朝晩の
肌のお手入れの一番最初に使用するという
使い方で使用しているのですが、
リマーユプラセラ原液に含まれる
新陳代謝に働きかける成分が
わたしにはあっているようです。


このリマーユプラセラ原液って、
新陳代謝にも働きかける成分として、
サイタイエキスとよばれる成分が
含まれています。


これは、肌のターンオーバーなど、
うまく、循環できていない人、
たとえば、肌あれの人にとっては
ターンオーバーも含めて、
肌の状態が安定するという効果があるようです。


うれしいのが、肌の状態の安定だけではなく、
リマーユプラセラ原液をつかうことで、
肌が、内側から押されている
ようなハリを感じられることです。


そのハリによって、顔の印象が、
若返ります。これは、個人差はあるとは
おもいますが、たしかに、
ハリを感じます。





ちょっとした肌のたるみによる
シワや、毛穴で、5歳くらいはすぐに
老けて見えるものです。


でも、ハリが復活することで、
あっという間に、若返った印象を
あたえてくれます。


ぜひとも、肌の調子がわるかったり、
すこし、小じわが目立ってきて
なんだか、顔の印象が老けたかな?と
思う方には、リマーユプラセラ原液がおすすめです。

リマーユプラセラ原液にかかせない『サイタイエキス』

さて、新陳代謝に働きかける
サイタイエキスとはなんでしょうか。


サイタイとは、『臍帯』とかきます。
つまり、『へその緒』のことなんです。


へその緒をとおして、
お母さんのお腹のなかにいる
赤ちゃんは、栄養をもらって、
ほんとーーーに小さな精子と卵子から
あんなに、おおきな赤ちゃんに
育っていくのです。





そう考えると、へその緒には
とんでもない、栄養素や、
成長のための栄養分がながれていると
考えられます。


そう思うと、なぜ、へその緒から
できた『サイタイエキス』が
新陳代謝に働きかけることが
できるのか、なんだかとても納得です。


この『サイタイエキス』を成分として
しっかり含んだリマーユプラセラ原液で、
肌の調子を整えていきましょう。

リマーユプラセラ原液の使い方

さて、『サイタイエキス』などの力で、
見た目を5歳くらいは若返らせてくれる
リマーユプラセラ原液ですが、
その使い方が重要です。


お風呂上がりや
朝晩のお肌のお手入れのときに、
一番はじめに使います。


ほうれい線ラインや
目尻の乾燥ジワなど、
特に気になる部分を中心に
トロ〜リとした、プラセラ原液を
はじめにさっと
お肌に染み込ませます。





エイジングケア対策として
注目される因子がたっぷりと
あるので、気になったら
すぐに、はじめてみることを
おすすめします。


迷っていると、時間ばかりが過ぎます。
お肌の老化は、
なにもしないと、
どんどん進んでしまいます。


進みきったら、
あともどりは、かなり難しくなります。


まだ、すこし、小じわが気になってきたとか
毛穴が目立ってきたなぁ〜くらいで、
使うことがポイントだとおもいます。


はやく、お試しでもいいから、
使うこと、それが、リマーユプラセラ原液の
使い方の重要なことです。


↓↓ 公式サイトからリマーユプラセラ原液を試してみる? ↓↓






>>トップページに戻る

 

サイトマップ